規模別で見るマンション一棟に掛かるリフォーム費用について

>

一時的に引っ越しをする必要があります

中古マンションの場合

中古マンションの築年数は数十年と言えば良いでしょうか?
かなりの年数は経っていたとしても近代的な造りのマンションであればさほど古いマンションであっても人気の立地であれば住む人は多くいますし、賃貸料でカバーをすれば良いだけです。
しかし、近代的でお洒落なマンションが増えて来た事もあり、みんなマンションに抱くイメージは高級感あるマンションではないかと思います。

その為、中古マンションを所有しているオーナー側からすればマンション一棟をリフォームして近代的でお洒落な外観のみリフォームに掛ければ良いと考える人も多いみたいです。
確かに外観がお洒落な感じであれば中身は多少レトロな雰囲気でも我慢が出来ると思います。
その場合リフォームに掛かる費用は1500万前後が相場だと言われています。

かなり古い外観のマンションの場合

外観もかなりの古さが目立つマンションの場合には外観のみをリフォームするだけでも少しリフォームに掛かる費用が高い事が多いです。
勿論耐震性の強化のリフォームも必要になるとは思いますが、ここでは外観のみをリフォームした場合の金額について考えて見たいと思います。
その場合には、まず外観の壁の強化から始まります。

築年数も経過している事もあり外観のみを造り替えるだけでは安全性は高くないので、構造を強化してあげるだけで数年先でも安心して暮らせるようになります。
費用はなんと1000万から可能だそうで、規模によっては安くリフォームする事が可能だと思います。
マンション一棟の外観を強化するだけでも新築同様のマンションになります。