完璧なものはないが、悔いのないリフォームを成し遂げよう

リフォームの失敗談を聞こう!意外な落とし穴に注意

>

リフォームで失敗しない為に必要なこと

追加工事の可能性やその費用などの確認を

リフォームを行う際最も気をつけなければならないことは、追加工事の可能性があるかないかということです。
全面的なリフォームでも部分的なリフォームでも、壁材や床材を剥がして初めてそこの状態を知ることになるので、もしそこで問題があるようなら予定を変更していかなければなりません。
ですから計画の段階で、築年数やその土台などについてよく調べ、最悪な状況を想定しておかなければならないと思います。
予算はどこまで出せるのか、どこまでなら妥協出来るのかということを予め考えておいた方が良いでしょう。それでも不測の事態に備えて、リフォーム予算は余裕を持っておいた方が良いと思います。
床材などは一度剥がしてしまったら、元に戻すことは出来ません。万が一予定していた床材が使えないということになってしまったら、ということも予測して、最大どれくらいの費用がかかるのかを業者さんに確認しておきましょう。

業者選びは慎重に行う

リフォームの失敗は、こちらのミスだけで起こるわけではありません。
業者側の不手際でも起こります。
悪徳業者の場合は、何も言わずにミスを隠して欠陥工事を行うこともあるので、業者選びは慎重に行いましょう。
リフォームは、見積書を必ず作成しますが、その時点で疑問に思ったことはしっかりと確認しておきましょう。
追加工事が発生する可能性があるかどうか、もしあるならどれくらいの規模でどれだけの費用がかかるのかまで確認しておいた方が良いと思います。そしてその時業者が言ったことはメモに取り、書面として残しておきましょう。その辺りの対応を誠実にしてくれる業者なら信用出来ますが、専門用語を使って何となく言葉を濁すようならその業者はやめた方が良いと思います。
そしてどういう人が工事にあたるのか、事前に知っておいて顔見知りになっておくと安心です。


この記事をシェアする